2013年06月07日

図面大筋確定

夜になると寒い(挨拶

前々回出たラフ図面の続き。
図面を見てヨメさんの指摘。
「風呂場が出っ張ってるのが格好悪い」
「玄関正面が抜けてた方が光が入ってイイ」
言われてみればその通り。和室にWIC(ウォークインクローゼット)を作ったせいで水回りが東側に来てしまった関係です。

それを聞いて設計チエちゃん、
「和室のWICをなくして西に水回りを持ってきたらいかが?」とまたサラサラと図面を書き始めます。
「風呂と洗面台を90度ひっくり返して〜トイレと洗面所の間が半間しか取れないから引き戸ですかね〜」
「風呂とトイレをそれぞれ大きめにするとちょうど良いですね〜」
てな感じでできあがったのがこの図面。

まずは1F。
 
zumen3-3.jpg
ヨメさんのご希望どおり出っ張りなし。玄関正面に窓があって光が入ります。
居間に収納がほしいとワタクシが希望したので階段の作りを変えてWICぽいものを作ってもらいました。
木造軸組工法ならではの広々LDK(ツーバイフォー系だと間に壁を入れないとダメらしい)がお気に入り。
いつも行く展示場と同じ広さ(!)です。

お次は2F。
zumen3-4.jpg
2つ折り階段だったのをL型の階段にしてもらって廊下収納(ねこ系物入れ)を確保。その代わりトイレが階段上がって正面という変則構造。
ここでも引き戸が大活躍w
玄関・廊下合わせて6畳しかないので、面積の無駄がありません。
この辺は営業ケンちゃん大絶賛。「廊下や玄関に住む人はいないんだから少ない方が良いんです」だって。

ワタクシもヨメさんもこれなら、と思ったので大筋は確定。後は細かい仕様を詰めていく、ちぅことになりました。
因みに最終図面との差異は勝手口横のパントリーをソファの裏に持ってきて、2F廊下の物入れをちょっと薄いヤツにして猫トイレの場所を確保したくらいです。

posted by りふぁーる at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅新築