2010年10月21日

南朝鮮旅行であります!(最終回・まとめ)

前回まで駆け足で今回の旅行についてレポしましたが、とりあえずワタクシの全体的な感想というか、これから旅行に行く人へのアドバイスを書いてみようと。

・まともな名所旧跡はないと思え
国宝第一号(南大門)に放火したり、放火略奪されて廃墟になった宮殿を500年以上放置したりと、基本的に古いモノを大切にする国民性ではない。当然歴史的資料なんか残ってないので、復元されていたとしても信憑性は怪しいものである。世界遺産についても他国のモノと比べて見劣る、というのが定評であるので(複数ある世界遺産の条件を一つしか満たしていない)、名所巡りには適さない。
・日本語が通じる=ボッタクリと思え
ツアーガイドに連れて行かれたところは全て日本語が通じたが、総じてボッタクリ価格であり、メシの内容・接客態度ともよろしくなかった。ガイドはウリナラマンセー状態でウザイことこの上ないし、話の内容もかなりウソが混じっていた。
それに引きかえ自由行動の際に接した普通の(日本語通じない)人はきわめて親切で愛想もよく、商店の価格も良心的(というか激安)だった。可能な限り自由行動をオススメする。
・情報収集は念入りに
ある程度事前にリサーチはしていたのだが、貰ったガイドブックとネットだけでは上っ面の情報しか集まらず、自由行動でも不十分な探索にとどまった。通り一遍の情報だけではなく、例えば地球の歩き方等のマニアックな本で探索したいところの情報を集めた方がよい。
ソウル全体の地図、地下鉄路線図だけでなく、各スポットの詳細な地図があるとベスト。
・買い物は一般商店で
土産物屋、免税店は市価よりかなり高い。ごく一部のブランドモノを除いて一般的な土産品はその辺のスーパーやコンビニで格安で入手することが可能。個人的には龍山のEマートの地下2F食品売り場を推奨したい。
#ワタクシは地下1Fしか行かなかったがあとで食品売り場があったことが判明。一般商店ではキムチの飛行機用梱包はしてくれないが、Eマートではやってくれるらしい。基本ジャスコみたいなものなので値段もリーズナブルである。
・メインは食べ歩き・飲み歩きがオススメ
昼夜を問わず焼き鳥や揚げ物等の屋台が沢山出ている。当たり外れはあるが値段は総じて安い(200円〜300円)なので、数人でグループを組んでビール片手にああでもないこうでもないと言いながら買い食いするのが楽しいと思う。魚系はたぶん生臭さ炸裂だと思われるので、肉系・芋系・粉モノ系がオススメ。

posted by りふぁーる at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41429267

この記事へのトラックバック