2010年10月29日

中日のドラフト評価2010

まだ日本シリーズがあるんであまり盛り上がらないんですが、とりあえずドラフト終わったんで恒例の評価を。
つか、今年は高校生が不作な上に見たことない選手ばっかりなのでいまいち良く解らん。
一通り動画を見てみた感想を。

1位 大野雄大(投手・左) 佛教大
ワタクシが大好きな京都外大西出身の選手なんですが、甲子園で殆ど放ってないので知りませんでしたorz
左の速球派。そんなに力投してるようには見えないのですが、平気で150km近くのストレートを投げます。球筋はチェンに似た感じ。
フォームがちょっとアレで立ち投げ気味(下半身が使えてない)な上にストレートが高めに抜ける傾向があります。もうちょっと下半身を使えて低めにストレートを放れれば大化けもあると思われます。現在肩を故障(関節炎らしい)しているので、即戦力というよりは二軍でじっくり鍛えて(キャンプから死ぬほど走らされると思われ)チェンの後釜として大成させたいところです。
つか、一部報道でもあったけど大学生が豊作と言われた年で即戦力取りに行かないなんて芸当ができるのはさすが投手王国といったところでしょうか。

2位 吉川大幾(内野手・右) PL学園
PLはスラッガーの勧野ばかりが注目されていたが、この選手も夏の予選で5HRを打っている、らしい。
あんまり体格にはめぐまれてない、という点では平田(大阪桐蔭→中日)に似てるところがあり不安なのですが、ドアスイングでアウトハイしか打てなかった平田に比べてバットコントロールが上手。プロの球が打てるかどうかが鍵ですが、そこさえクリアできれば大成するか?

3位 武藤祐太(投手・右) ホンダ
オーソドックスな右投手。球種はストレート(140km前後)、スライダー、カーブ、フォーク。一言で言うと量産型吉見。ストレートを内外角低めに投げ分けるコントロールはあるが力で抑えられるところまでは行っていません。よそのチームならいきなり中継ぎで使えるくらいのレベルにはあります。高卒3年目でまだ伸び代はあると思われますので、鍛えて先発で行けるくらいまで育てて欲しいです。

4位 森越祐人(内野手・右)名城大
凡退してる動画しかなかったので良く解らん。守備のうまいショートらしいけど、そんな選手ばっかいっぱいいないか?
二軍の試合で使い勝手はよさそうだけど。

5位 関啓扶(投手・右) 菰野高
三重の豪速球投手というと小山(明野→中日→楽天)を思い出すが、スケールは小山とは比べものにならない感じ。上背はあるし、フォームも悪くない。いかにも線の細さを感じた伊藤準規の同時期よりイイ印象を受ける。球種はまっすぐと縦のスライダー(カーブ)しかなさそうなので、まっすぐに磨きをかけてリリーフに行くか、もう一つ二つ変化球を覚えて先発に行くか、どちらにしても楽しみな素材。個人的には伊藤準規、岡田辺りと一緒に次の次の世代の先発陣を目指して欲しい。

(総評)
他チームが即戦力かき集めに行ってる感がある中、素材重視というかすぐ使えないけど大きく育つかも、てな選手を取りに行った感じ。
まぁピッチャーの枚数は足りてるどころか余ってるし、打者も去年取った連中(大島、松井、ぶーちゃん)とかを育てていけば間に合うかと思われるので、これはこれでいいと言える。4位の森越以外はひょっとすると数年後に全員一軍レギュラー、もあり得る素材だと思う。
長い目で見守りたいところ。

posted by りふぁーる at 00:14| Comment(0) | TrackBack(1) | プロ野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41520903

この記事へのトラックバック

前と後ろの穴にはいったwww
Excerpt: ツレと一緒に登録してみたらマジで3pやるだけで二人合計40ま んくれたw 前後の穴にいれまくりでどっちに出したか不明だしw
Weblog: 前後の穴にぶちこみましたw
Tracked: 2010-11-04 09:17