2011年04月13日

中日8-7スレッジ

…モンハン流行しすぎ(挨拶

紆余曲折の末4/12に開幕したプロ野球ですが、開幕戦が横浜球場でデーゲームって…優勝チームなのにorz
きのうの開幕戦は終盤もつれて浅尾きゅんがサヨナラ打打たれて敗戦。横浜球場のデーゲームって何気にもつれるんだよねぇと思って本日2戦目。
2chの実況スレとニッカンのリアルタイム速報で確認しておりました。(ぉぃ
1回表に3点先制、「圧倒的ではないか(ry」と余裕かましてたらスレッジだかが2ランで1点差。2回に3点取ってやれやれと思ったらまたスレッジが3ラン打って同点。4回5回に1点ずつ取って、7回に福田君(横浜高校出身)の代打ソロで3点差、さすがにこれならと思ったらまたまたスレッジが2ラン打って1点差。
…そこまで打たれるなら勝負するなよorz
8点も取ったのに浅尾→岩瀬で最後は一打同点の場面を何とか抑えて今季初勝利。今年も胃が痛くなる試合が多そうです。

つか、横浜球場って狭いから、3〜4点勝ってても一発同点とか普通にあって嫌orz
…昨オフに身売りして新潟行ってくれれば良かったと思うのはワタクシだけ?
posted by りふぁーる at 22:33| Comment(1) | TrackBack(0) | プロ野球

2010年10月29日

中日のドラフト評価2010

まだ日本シリーズがあるんであまり盛り上がらないんですが、とりあえずドラフト終わったんで恒例の評価を。
つか、今年は高校生が不作な上に見たことない選手ばっかりなのでいまいち良く解らん。
一通り動画を見てみた感想を。

1位 大野雄大(投手・左) 佛教大
ワタクシが大好きな京都外大西出身の選手なんですが、甲子園で殆ど放ってないので知りませんでしたorz
左の速球派。そんなに力投してるようには見えないのですが、平気で150km近くのストレートを投げます。球筋はチェンに似た感じ。
フォームがちょっとアレで立ち投げ気味(下半身が使えてない)な上にストレートが高めに抜ける傾向があります。もうちょっと下半身を使えて低めにストレートを放れれば大化けもあると思われます。現在肩を故障(関節炎らしい)しているので、即戦力というよりは二軍でじっくり鍛えて(キャンプから死ぬほど走らされると思われ)チェンの後釜として大成させたいところです。
つか、一部報道でもあったけど大学生が豊作と言われた年で即戦力取りに行かないなんて芸当ができるのはさすが投手王国といったところでしょうか。

2位 吉川大幾(内野手・右) PL学園
PLはスラッガーの勧野ばかりが注目されていたが、この選手も夏の予選で5HRを打っている、らしい。
あんまり体格にはめぐまれてない、という点では平田(大阪桐蔭→中日)に似てるところがあり不安なのですが、ドアスイングでアウトハイしか打てなかった平田に比べてバットコントロールが上手。プロの球が打てるかどうかが鍵ですが、そこさえクリアできれば大成するか?

3位 武藤祐太(投手・右) ホンダ
オーソドックスな右投手。球種はストレート(140km前後)、スライダー、カーブ、フォーク。一言で言うと量産型吉見。ストレートを内外角低めに投げ分けるコントロールはあるが力で抑えられるところまでは行っていません。よそのチームならいきなり中継ぎで使えるくらいのレベルにはあります。高卒3年目でまだ伸び代はあると思われますので、鍛えて先発で行けるくらいまで育てて欲しいです。

4位 森越祐人(内野手・右)名城大
凡退してる動画しかなかったので良く解らん。守備のうまいショートらしいけど、そんな選手ばっかいっぱいいないか?
二軍の試合で使い勝手はよさそうだけど。

5位 関啓扶(投手・右) 菰野高
三重の豪速球投手というと小山(明野→中日→楽天)を思い出すが、スケールは小山とは比べものにならない感じ。上背はあるし、フォームも悪くない。いかにも線の細さを感じた伊藤準規の同時期よりイイ印象を受ける。球種はまっすぐと縦のスライダー(カーブ)しかなさそうなので、まっすぐに磨きをかけてリリーフに行くか、もう一つ二つ変化球を覚えて先発に行くか、どちらにしても楽しみな素材。個人的には伊藤準規、岡田辺りと一緒に次の次の世代の先発陣を目指して欲しい。

(総評)
他チームが即戦力かき集めに行ってる感がある中、素材重視というかすぐ使えないけど大きく育つかも、てな選手を取りに行った感じ。
まぁピッチャーの枚数は足りてるどころか余ってるし、打者も去年取った連中(大島、松井、ぶーちゃん)とかを育てていけば間に合うかと思われるので、これはこれでいいと言える。4位の森越以外はひょっとすると数年後に全員一軍レギュラー、もあり得る素材だと思う。
長い目で見守りたいところ。

posted by りふぁーる at 00:14| Comment(0) | TrackBack(1) | プロ野球

2010年10月02日

中日優勝!

今年はあえてプロ野球の記事を書かなかったんですが…。
昨日阪神が負けて中日にマジック1が出たのですが、今日阪神が5−0で広島に完封されて何もしないまま優勝してしまいましたw
今シーズンはオールスター終わっても5割付近をフラフラしてたのでまぁ優勝はねぇだろうなと思ってたんですが、8月下旬〜9月に巨人、阪神が大失速したところを連勝、連勝で一気に差を詰め、甲子園三連戦を1勝1敗1分けで乗り切ったあと阪神が自滅して本日に至る、ちぅ感じでした。
優勝の要因としては
・先行逃げ切りか僅差の競り合い以外に勝ちパターンがない(先行されたら負け)ので、阪神、巨人に比べて中継ぎの消耗を避けられた
※負けてても逆転の可能性があると思うとつい負け試合でセットアッパー(巨人で言うと越智・山口、阪神で言うと藤川・久保田・渡辺あたり)を使ってしまう→負け試合でもセットアッパーが準備せねばならず登板数が少なくても疲労が溜まる
・出入りはあるものの先発ローテを6人で回すことができた
・空いたポジションを堂上直などの若手で埋めることができた
・和田さんをはじめとしたクリーンナップが頑張った
てなところでしょうか。
明日は苦手のヤクルトを名古屋で倒して胴上げ!といきたいところですw
posted by りふぁーる at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2010年04月30日

田中靖洋初先発!

…非常にマイナーなネタでスマン(挨拶
昨日昼飯の時に何気なくTVを付けたらNHK(BS)で西武−ロッテ戦を中継していました。
んで、ボケッと見てたのですが実況が「お兄さんの良平選手はロッテに一位指名されたんですが現在アメリカのマイナーリーグで〜」とか言ってて、よく見たら西武の先発は加賀高(うちから15kmくらい)出身の田中靖洋(通称「加賀高の田中の弟」)でした。
…どうせ芽が出ずに来年くらいクビなんだろうな、と思ってたので意外でした。
で、肝心の投球内容ですが、ストレートは142〜3kmくらいで右の本格派としては物足りないレベルですが、低めに行けば何とかフライアウトは取れていました。後はカーブ2種(スローカーブと所謂縦のスライダー)でタイミングを外す、てな感じでした。
カーブでストライクが取れず、苦し紛れに投げたストレートが高めに浮いたところを痛打され、結局3回4失点で負け投手。ちょっと一軍は家賃が高かったようですorz
今のままだと勝負球は外角低めだけ、てことになりかねないので、シュートでも覚えて右バッターの内角を突けるようになれば化けるかな、と思います。地元から久々に出た一軍選手なので頑張ってほしいところです
posted by りふぁーる at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2009年10月30日

中日のドラフト評価2009

なぜか去年書いたエントリにアクセスが集中してたので今年も書いてみることにしました。
旅行記三日目の方は電車の写真しか撮ってなかったのでとりあえずアップは後回しで。
4人しか取らないとか言ってたのにふたを開けたら12球団一の8人指名。戦力外通告を受ける選手が増えそうです。
1位 岡田俊哉(投手・智弁和歌山)
ご存じワカチのエース。今までワカチからプロで成功した投手が出ていない、と言われるが元々打撃のチームでまともな投手がいなかったので参考外。ややアーム式のピッチングフォームなのが気になるが、辻内(大阪桐蔭→巨人)、寺原(日南学園→ソフトバンク→横浜)のような球威で押す力投型のノーコンタイプではなく、どちらかというと切れと緩急で勝負する左投手らしいタイプなので問題ないかな、と。まだまだ線が細く、すぐ通用ということはないだろうが、体ができてくれば楽しみな素材。
2位 小川龍也(投手・千葉英和)
誰?という方が殆どだと思うが、昨日の大本営発表(中日スポーツ)にカラーで出てた。資料が殆どなく、何ともいえない。ちょっと動画を見た限りではえらく足の長いひょろっとしたピッチャーだな、という印象。素質だけで放ってる感が強く、今後の育成次第では化ける可能性も。こちらもまずは体作り(体幹の強化)が必須であろう。
3位 中田亮二(内野手・亜細亜大)
171cm115kgという野球選手なのか相撲取りなのかわからない体格の選手。西武のおかわり君(中村)を左にしたような感じ。ホームランバッターかと思いきや器用なバットコントロールが売りで、東都で通算103安打(9本塁打)というアベレージヒッター。筒香(ヨタ高→横浜1位指名)のような打つだけの選手ではなく、50m6秒4とそこそこ足が速く、秋季リーグ失策1とそれなりの守備。プロの球がどこまで打てるかわからないが、東都で100安打以上した選手はかなりの高確率で成功している(ダメだったのは中日に入った尾上旭のみ)のは心強いデータ。左の代打がいない現状から言って開幕一軍もあるかも。
4位 松井佑介(外野手・東農大)
東都二部で打率.528、19本塁打という二部じゃちょっとモノが違うレベルの選手。動画はニコニコに二神(法政→阪神1位指名)から右へ押っつけて二塁打を打っていたものだけ。軸のしっかりしたスイングをしており、目立った癖もない。プロのストレートに対応できて、1年間フルに働ける体力がつけば十分外野の一角に食い込めるのではないだろうか。
5位 大島洋平(外野手・日本生命)
地元享栄高(近藤真一の母校)出身で駒大から日本生命入り。俊足巧打で左打ちの外野手という中日が一番好きなタイプの選手。長打はないが、手首が柔らかくバットコントロールがいい。井端を左にした感じ。プロの球にどこまで対応できるかが鍵だが、バットコントロールのいい外野手があまりいない現状からいってチャンスはあると思う。
6位 諏訪部貴大(投手・本田技研)
上背はあまりない(178cm)が、角度のある切れのいいストレートを放る。変化球はスライダー(というより速いカーブ)とフォーク。ストレートの球威と制球はあるが、変化球はタイミングを外せる程度。先発というよりは中継ぎタイプだろう。通用するかは五分五分。
7位 松井雅人(捕手・上武大)
強肩(2塁送球1.9秒)と俊足が売りの左打ち捕手。関甲新学生リーグ(何それ)ごときで打率10傑に入れてないので打撃は期待薄。昔中日にいた鈴木(シドニー)を左にした感じか。tanisigeの代走に使ってそのままキャッチャー、て使い方ができるかも?
8位 吉田利一(捕手・奈良産大)
こちらも松井とほぼ同タイプの左打ち捕手。近畿学生リーグで今年の秋季MVP。春季リーグで奈良産大が出場停止(元監督の経営する整骨院が医療費をカラ請求)になった関係で評価が落ちたと思われる。秋季リーグ戦で2年生ピッチャーをリードして完全優勝を果たしており、リードはそこそこいいのではないかと思う。
ひょっとすると大化けするかも?
育成1位 矢地健人(投手・高岡法科大)
右のサイドスロー。ワタクシが市民球場で途中から見た試合で放っていたらしい。球は速いが体が開く癖があり球速(MAX146km)ほどの球威がないのとコントロールに難ありらしい。フォーム矯正できれば右のワンポイントで、という指名と思われる。
育成2位 赤田龍一郎(捕手・愛大)
バッテリーを組む祖父江投手ともども指名されるか微妙なラインだったが、祖父江は指名されず、赤田のみ指名。赤田の方が完成度が高いという判断か?愛知大学秋季リーグでリーグトップの11打点、長打率.500であり、打撃型の捕手として期待。
<総評>
・菊池を外すのは予定通りなので評価を下げる理由にはならない。
・あまりスケールを感じる選手はいないが、「これはダメ」という選手もいない。特に中田、松井佑、大島はいずれも木製バットで高打率をマークしており、3割打者が殆どいない打線に食い込む存在として期待したい。
・関東の二流以下のリーグから選手を発掘できているのは仁村(徹。弟のほう)スカウトが関東担当スカウトとしてあちこち見に行っているためだと思われる。人数がいる割に話題の選手ばかりに行って失敗するドラフトが多かっただけにこれはいい傾向。米村もちっとは見習え。
全体的には中日のスカウトのレベルも多少ましになったかな、と思えるいいドラフトだったと思います。大学生、ノンプロ選手はプロのレベルで通用すれば即一軍、ダメだったらクビ、という割とわかりやすいタイプの選手ばかりと思われますので、あたりだったかはずれだったかは1〜2年で結果が出るかな?
posted by りふぁーる at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2009年05月25日

何しに来たの?

久々に中日の記事。
中日10-4日ハム
7回に7点取って圧勝はまぁハム中継ぎ陣の自爆だからイイとして、
…何で李なんとかが一軍にいてしかも即スタメンなの?
んでもって三打席いいところなく凡退で途中からPの打順にされるってバカなの?死ぬの?
てなわけで結果を出せなかったチョンこと李なんとかは明日からもう来なくてよろしい。
…昨日の河原は厳しい場面で結果出したのになぁ。
posted by りふぁーる at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2009年05月07日

セリーグ(主にD)開幕一ヶ月総括

…何で井端歩かせて立浪で勝負するかなぁ>石原
うっかりストライク入っちゃったんで欲が出たんでしょうが、あそこは歩かせて森野で左にスイッチ、ちぅのがベターだと思うが。
で、タイトルのとおり開幕一ヶ月たったんで、今後の展望を含めて総括。順番は今日現在の順位で。
・巨人:今のところぶっちぎりだが、中継ぎPが毎日頑張ってるのが勝因。先発はきわめてお粗末な状況(ほとんどの試合で先発が7回持たない)なので夏まで持たないのではないか。しかも山口とか西村は勝ち負け関係なく放らされてるので消耗がきつそう。つか、西村先発で使ってやれよ…。
・ヤクルト:館山、石川が安定してるのと押本−林のリリーフがしっかりしてきたのが好調の因か。青木が昨シーズン並の成績に戻ればチャンスあり?ただ、投打共に枚数不足は否めず。
・中日:まぁこんなモンだろう、想定の範囲内です。(by落合)置物&豚&自称エース様が抜けたのがどうこう言われたが、置物&豚のエラー+守備要員を考えると今の方がマシ。自称エース様も平均すると10勝ちょいしか勝ってないんで問題なし。
投げる方は一応完投能力のある先発(朝倉、浅尾、吉見、チェン、川井、山井)がそろってきたが、5,6枚目はちょっと不安。そこに昌さんとかやる夫とかが入り込んできてくれると嬉しい。中田?誰だっけ?
中継ぎは相変わらずの充実っぷり。岩瀬ネ申の劣化が若干心配な程度。
打つ方は激しく水物なんで何とも言えないが、森野の安定とぶらんこの覚醒がカギ、と見る。
キャッチャーは小山固定でイイんじゃね?
・広島:先発Pがいつの間にか充実してきた。大竹、前田健太に加えて斎藤、篠田が出てきたのが大きい。つか、福井商から広島行ったのは知ってたが一軍で通用するとは思ってませんでした。>斎藤
中継ぎ、抑えが極端に薄いので、もう2〜3人孝行息子が出てこないと厳しい。打線はこれまたいつの間にか足でかき回すバッターが増えてきたのがプラス。栗原以下主軸が安定性に欠けるのがネック。
・阪神:先発が足りないうえに長い回放れない。打線もつながりを欠く。開幕ダッシュに失敗した時点でシーズン終了のお知らせ。 
・横浜:先発、中継ぎともピッチャーが足りない。特に中継ぎは深刻。一発長打はあるのだが足が使えないのは相変わらず。村田か吉村出して先発+中継ぎ2枚取った方がイイんじゃねぇか?
で、どこが優勝するかと言われるとよくわかりません。巨人はいずれ落ちてくると思われますので、夏頃は大混戦(阪神と横浜のぞく)になると見てます。D以外ではなぜか北陸出身選手の多い(天谷、東出、斎藤)広島に頑張ってほしいな、と思います。
posted by りふぁーる at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | プロ野球

2009年05月06日

だから言わんこっちゃない

自称エース様(ブレーブス)がやはりアメリカのローテにはなじめないらしく、早くも4敗目、防御率6.41らしい。(ソース:http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20090506-491193.html
つか、中日にいたときだって安心して見てられるのは中6日のときだけで、中5日だと7回にメッタ打ち、中4日だと5回持たない、ってのがセオリーだったんだから、中4日で回して勝てる訳ないだろ、常識的に考えて。
今回も5回しか放ってないのに110球超えてたみたいだし、次も中4日ならほぼ確実にフルボッコでしょうな。
…このまま結果を出せないようだとマイナー行きも十二分にあり得ると思われ。
ま、予想通りすぎて面白くないというか何というかw
…泣いて帰ってきても雇ってあげないよ〜だ>落合 
posted by りふぁーる at 23:38| Comment(1) | TrackBack(0) | プロ野球

2009年01月14日

自称エース様、ブレーブスと契約

ドラフトが終わってから(正確には三浦が残留してから)1月以上ネタ切れ等で休止しておりましたが、ネタが入りましたので再開。
10日過ぎちゃいましたがとりあえずあけましておめでとうございます。>各位 
Dの自称エース様こと川上がアトランタ・ブレーブスと3年20億で契約したらしい。(大本営発表
…サイトトップに出てこないところがアレでナニというか名古屋的というかw
ま、正直何年か前に「こんなことなら優勝争いなんか(ry」とかほざいてから、フロント的にもファン的にもいい印象がないどころかさっさと出て行け状態だったので、扱いが小さいのも致し方なし、と思うんだけどね。
カットボールに頼るようになってからストレートの球威が落ちたり、中5日だと7回持たなかったりしてたんで、正直20億だしてまで雇う値打ちがあるか微妙だと思いますが、まぁ松坂とは言わないまでも岡島くらいは活躍してほしいな、と思ってる次第でございます。
ちなみに全然通用せずに泣いて帰ってきても雇ってやんないよ、ちうのがDというか、名古屋の総意なんだろうなぁと勝手に想像してみるテスト。
posted by りふぁーる at 21:57| Comment(1) | TrackBack(0) | プロ野球

2008年11月30日

珍ざまぁwwww

FA移籍が確実視されてた横浜のエース三浦が残留するらしい。(ソース:ニッカン
先日のドラフトの翌日、「ろくなP取れなかったけど?」と仕事場の珍ヲタにネタを振ったら、「FAで三浦取るから」とのたまったのが記憶に新しいところです。
…つか、選手が足りなくなったらよそから取ればいいという安易な姿勢がファンにまで浸透している、ちうのはいかがなモノかと。なまじ広島から四番を強奪しまくってそれなりに成功してるモンだから、今回三浦に断られるとは思いも寄らなかったでしょうな。プギャ━━━━≡≡≡≡≡⊂`⌒m9^Д^)⊃━━━━!!!!!!
posted by りふぁーる at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2008年10月30日

中日のドラフト評価

とりあえず中日の選手だけ。
1位 野本圭(外野手・日本通運)
完全なアベレージヒッター。長打はまずない。プロのストレートに振り負けないかが心配だが、バットコントロールがうまいのでチャンスメーカーにはもってこい。肩と足のイイ典型的な中日好みの選手。
2位 伊藤準規(投手・岐阜城北)
右の本格派。ストレートはかなり速いらしいがフォームが立ち投げ。案の定今年の春に故障した。二軍でランニングからやり直して、下半身を使った投げ方にしないと壊れる。
3位 岩崎恭平(内野手・東海大)
大学選手権決勝で見てるはずなのだが全く印象にない。ぐだぐだな試合だったので守備云々もわからん。
これも長打力はないはず。井端の後釜候補か?
4位 高島祥平(投手・帝京)
2年生の時にエースのはずのアトリがああいうことになって、垣ヶ原とダブルエースだったはずなのだが制球が残念なことになってて垣ヶ原ばっかり放らされてた記憶がある。つか、垣ヶ原はどうなったんだろう?
球は速いがノーコン。よっぽど上手に育てないと大成しないだろうね。
5位 岩田慎司(投手・明大)
もと東邦のエース。東邦のエースというとバンビ坂本以来小さい選手が基本だが、珍しく上背がある右投手。球速はさほどではない技巧派。右のスリークォーターからスライダー系の変化球で勝負するタイプ。正直プロで通用するほどの球はないような。
6位 小熊凌祐(投手・近江)
名前の通りのごっつい体したピッチャー。何となく中京商業系の体。(野中とか深町とか)体が開いて肘が下がるフォームなので、直さないと使えない。たぶんダメ。
7位 井藤真吾(外野手・中京大中京)
地元枠か?ようつべでみたがあんまりいいところがなかった。(選抜で全く打てず)左バッターだが、軸がしっかりしておらずちゃんと球を叩けていない。これもたぶんダメ。
(総評)
今年のドラフト候補自体が正直小粒な印象。大田(東海大相模)と松本(千葉経でP→早稲田で外野)が競合したが、大田はかなり過大評価くさい。ショート守ってたみたいだが、守備はあんまりみたい。松本に関しても特に目立った印象はない。率は残しているが長打力がないので、果たしてプロで通用するかと思うと疑問。
で、Dのドラフトとしてはまぁ当たりくじも引けたし、それなりに思い通りの選手がとれたとは思います。ただ、すぐ使えそうなのは野本だけ。(通用しない可能性もかなりあるが)
ほかの選手にはすぐ使えそうな選手はいないし、それぞれ不安を抱えてる選手ばっかりなので、正直7人のうち2人当たればイイかな、という印象です。

posted by りふぁーる at 23:22| Comment(1) | TrackBack(1) | プロ野球

2008年10月21日

CS第二ステージ進出!

チェンがあっさりKOされてイーブンになったときはさすがに焦りましたが、何とか珍に勝って一安心。
…珍ヲタは調子に乗せるとうぜぇからなぁorz
で、明日からG相手に第二ステージなわけですが、敵地でアドバンテージ付きで果たして勝てるかどうか、ちうと正直微妙かな、と思ったり。
ま、虚ヲタは珍ヲタほどうざくねぇし、(日テレ見なければイイ話だし)あれだけ離された三位で勝ち上がっちゃうのもどうかと思うし、負けてもそれまでかな、と思うのですが。
posted by りふぁーる at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2008年08月04日

昌、200勝達成!

中日5−1巨人 
リーグ優勝がほぼ絶望となって今季の注目は昌さんがいつ200勝するか、だけになったわけですが、あっさり地元で決めてくれました。巨人も空気を読んだのか木佐貫先発と大サービス。先に1点取られたもののすぐ追いついて海苔のタイムリーで勝ち越し、井端のホームランで中押し、和田のタイムリーとボークでダメ押し、と理想的な展開。落合も空気読んで続投、完投勝利で200勝!おめでとうございます。
…もう今年はプロ野球見る必要性がなくなりました、とさ。
posted by りふぁーる at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2008年07月15日

昌、197勝目!

中日7−4巨人
オールスター前にして投手陣崩壊、首位と13ゲーム半離されて野球を見る意欲が減退しまくりな今日この頃。デーゲームでやってることすら知りませんでしたorz
打線が奮起して木佐貫を粉砕して昌さんが197勝目。あと3勝、何とか今年中に200勝を見たいものです。
…久々に書き込みするのでDの現状を分析してみます。 
正直、ここまで負けが込んだのは先発で実績を出してた吉見とチェンを後ろに回したからだと思うのだよ。
交流戦前に一番安定してたのが吉見、チェン、小笠原なワケだから、この3人+禿+昌でローテ組んで、先発で不安定な朝倉とか中田を後ろで使った方がよかったのではないか、と。
これを逆にしたばっかりに吉見とチェンに疲労がたまって、中田と朝倉は立ち直れないという最悪の結果を招いたのではないか、と思う。
で、事ここにいたって落合も気づいたようで、吉見、チェンを先発させて、セットアッパーは浅尾、中継ぎはアッキーとか長峰とかその辺にさせる模様。
まぁその方が収まりがイイと思うし、これからの戦いに期待、ですな。
…珍が盛大に自爆しない限り追いつくことはないと思うが。 
posted by りふぁーる at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2008年06月16日

石井−小池トレード

中日の石井(投手)と横浜の小池(外野手)がトレードらしい。
ソース:中日ドラゴンズ公式
石井は4〜5イニングを1,2失点で抑える、というタイプなので、1点差の場面を0点に抑える、って投手しか要らない現在の中日にとってはあんまり要らない子なのかな、と思ってみたり。
…和田が入っても得点力が低いのは相変わらずだし、先に点を取られたらまずひっくり返せないしねorz
逆に横浜は打高投低そのものだから、ロングリリーフができてそれなりに試合が作れる選手はのどから手がでるほどほしかった、ちうことでしょうな。
で、小池が使えるかどうかはよくわからんのですが、現在の中日に「今すぐ使えて点の取れる外野の控え」っていないんだよねぇ。
ドラフトで取った連中は英智みたいのばっかりだしね。
ま、どちらも補強ポイントは外してないと思うので、両方ともがんばってほしいですな。
posted by りふぁーる at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2008年05月21日

昌、あと4勝!

…最近昌さんの勝ったときしか記事を書いてないような気がするが。
いや、今日もイイピッチングでした。インコースのストレートで三振を取れるあたりが好調さを物語っております。ほかのPがふがいないだけによけいにすばらしさが際だちますな。
最近リリーフが不安なだけに、誰を放らせるか気がかりだったんですが、吉見を持ってくるあたりが空気読み過ぎw>落合
9回はいつものように岩瀬がさくっと締めて交流戦初勝利でした。
吉見をリリーフで使ったということは、ローテは昌、禿、小笠原、中田、朝倉(or川井)で回す、ちうことでしょうか?
…朝倉は何試合かリリーフで使ったけど、ああいう荒れ球のピッチャーは先発でないと怖くて使えないしねorz
ま、とりあえず昌さんが交流戦初白星をつけてくれてよかった、ちうことで。
posted by りふぁーる at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2008年05月14日

昌、あと5勝!

中日4−1ヤクルト
もう昨シーズンの勝ち星に並んでしまいました>昌さん
今日もまた全盛期を思わせる、ストレートで押すピッチング。打線が不調なだけにどっちに転んでもおかしくない展開でしたが、2−1で勝利投手の権利を持ったまま交代。後はリリーフが何とか抑えてる間にホームランでリードを広げて神降臨で試合終了。195勝目おめでとうございます。
森野が肉離れか何かで途中交代したのが気がかりですが、骨折あけの調整不足のままシーズンインして突っ走ったツケがきたのかな、と。いったん落として誰か若手あげてほしいところ。
posted by りふぁーる at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2008年05月07日

昌、あと6勝!

中日10-3広島
GWから9連戦になったからか、やっと出番が回ってきた昌が先発。ニュースでちょっと見ただけですが、初回三者連続三振と全盛時を彷彿とさせるナイスピッチング。
ここのところつながりを欠いていた打線もそれなりにつながるようになって、効果的に得点。
チェンが2失点したあたりでちょっとやばいな、と思ったのですがだめ押しが効いて圧勝。
このままローテ入りして何とか今年中に200勝してほしいものです。>昌さん
posted by りふぁーる at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2008年05月06日

ダース、一軍初登板!

あのダースが一軍デビューしたらしい。ソース(ニッカン)
2年連続で夏の甲子園史上に残る大逆転負けを喰らった投手(参考wiki)としてあまりに有名なワケですが、正直一軍で先発する機会があるとは思いませんでした。
試合は見てないので何とも言えませんが、5回4安打無失点ならまぁ及第点、ですかね。
今後が微妙に楽しみですw
posted by りふぁーる at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球

2008年05月01日

禿、初勝利。

中日2−1横浜
自称エース様がローテの谷間に登板して初勝利だそうですよ、奥さん。
まぁ山井が故障してやっと出番が回ってきた、ちうことで。
7回無失点ならまぁ合格点ですかね…。
それにしても那須野ごときから2点しか取れないようではなぁ…。
posted by りふぁーる at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球