2007年12月22日

どうでもイイレースですが

…一応有馬記念の展望。
つか、どの馬も消耗しきったこの年の暮れに中山の2500という非根幹距離でGIやる意味ねぇよな、と思うわけですが。たぶん馬券買わない(買ってくれと言う依頼は来ると思うが)と思います。
今日のレースを見る限りインぎりぎりが一番伸びるみたいなので、そこら辺がポイントかな、と思ってみたり。
印は
◎メイショウサムソン
○ロックドゥカンブ
▲ポップロック
以上です。
メイショウサムソンは非根幹距離に強いワケではありませんが、内枠に入ったときはほとんど好走してます。
(1枠に入ったときは無敗)天皇賞がぶっつけだったぶん、まだ余力はあるかな、と。
ロックドゥカンブはいかにも非根幹距離向き。なし崩しに脚を使わされる展開になるとつらいと思うけど、サムソンにくっついてじっと我慢してれば勝機もある、と思う。
ポップロックも非根幹距離、というかこの2500がベストのタイプ。使い減り云々というタイプではないし、ペリエが怖いです。まぁ頭はねぇと思いますが。
タニノウォッカは大外枠引いちゃったのが致命的。一回しか脚使えないから外外回らされて終了の悪寒。
というわけで予想は以下の通り。
馬連ボックス 1−6−8
…当たってもほとんどもうけは出ませんがねぇ。 
posted by りふぁーる at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

2007年10月27日

天皇賞(秋)展望

あまりにあっさり中日が負けてしまったので天皇賞の予想なんぞをしてみたり。
まず人気的には
メイショウサムソン 3.7
アドマイヤムーン  4.2
ダイワメジャー   5.7
ポップロック     5.8
てな感じ。
で、有力どころの取捨を。
・メイショウサムソン:追いまくってナンボの馬に武はあわねぇだろ常考。重〜稍重馬場になりそうなのはプラスだが、鉄砲駆けする方でもないし、どうせ太めで出てくるに決まってる。元々府中の2000は向かないし、消し。
・アドマイヤムーン:負けたレースはすべて2000か2400。非根幹距離(1777、1800、2200)は全勝。宝塚記念が初GIだった馬がその後根幹距離GIで連対したケースはなんと「世界の西浦」カツラギエースただ一頭。自信を持って消し。
・ダイワメジャー:前走毎日王冠がイマイチ食い足りないレースだったが、トライアルでキツイ競馬させて負け→本番大勝利はアンカツのパターン(武とは逆)なので侮れない。頭はないと思うが(天皇賞秋連覇はシンボリクリスエスのみ)連下の可能性は十分。対抗には推したい。
・ポップロック:この馬も非根幹距離専門タイプ。(7勝中5勝が2200か2500)いくら時計が遅くなりそうでも2000は明らかに短い。何で人気になってるのかわからん。消し。
てなわけでダイワメジャー以外の有力どころには消えて頂くことと相成りまして、荒れそうな雰囲気がぷんぷんしてるところでワタクシの予想。
◎ カンパニー:ここまでメンバーが落ちた上に前走マイルの関屋記念を圧勝。馬場が心配も重までならこなす。(大阪杯勝ちあり)微妙に馬群がばらけそうなのもプラス。
○ ダイワメジャー:人気どころのなかでは一番前で競馬できる。平均ペースになりそうだし、自在に立ち回れるこの馬には有利。
▲ シャドウゲイト:たぶん逃げるのはこの馬。負春が何も考えずに逃げると頭まである可能性が。
× コスモバルク:重馬場は空っ下手ぽいが、ここまでメンツが落ちると勝機があるかも?
馬連 6−14(89.5倍) 11−14(69.7倍) 3−14(149.1倍)
あくまで軸はダイワメジャーで。
posted by りふぁーる at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

2007年10月21日

菊花賞回顧

第4回京都競馬7日目11R 第68回菊花賞(jpn1)
1着 アサクサキングス 3.05.1
2着 アルナスライン   頭
3着 ロックドゥカンブ  1馬身1/2
レースの展開としてはほぼ予想通り。ホクトスルタンが引っ張るやや早めの流れ。ただ、なぜか有力どころが残り800で一気に動いた関係でペースが厳しくなったのは予想外でした。
こういう展開になると一瞬の脚を使える馬より、切れないけど長く脚を使える馬が強いのがセオリーですが、まぁその通りの結果になったかな、と。
…殆どの有力馬に距離不安があったのに、なぜみんな早めに動いたのかは不可解ですが。
以下各馬寸評
・アサクサキングス:これ以上ない展開に助けられた感は否めないが、長距離向きであることは間違いないだろう。入着を繰り返しつつ条件が合うと勝つ、という感じ。
・アルナスライン:馬体がでかすぎるのがどうか、と思ったがこれも折り合いが自在に付くタイプで、追ってしぶといのが生きた。勝負所の反応が鈍いので今日のような消耗戦が合う。
・ロックドゥカンブ:自分の位置を守って自分のレースをした、という印象。イメージ的にはデインヒル産駒に近いか? レースレベルに関係なく能力通りに走るタイプで、レースレベルのみが勝利条件となるタイプ。できれば少頭数で紛れのないレースのほうがいいだろう。
・ドリームジャーニー:脚をなし崩しに使わされた。この展開で5着ならまぁましな方だろう。府中2000のインで死んだふりするか、中山・阪神の非根幹距離で直線ヨーイドンになるレースなら好走できるだろう。
・ホクトスルタン:早めに来られたのが誤算。結構しぶとく粘ってたので、非根幹距離GIIならふつうに勝てそう。
・フサイチホウオー:今日も折り合いに苦労。それなりに差してきてるのだが、折り合いを付けようと思うとどうしても馬込みに入れないとイケナイし、そこを捌く器用さもないので長距離の多頭数はダメでしょう。むしろ折り合いを気にしなくていいマイル前後が現状では向いている。
・ヴィクトリー:抑えて馬とケンカした段階で終了。逃げた方がおもしろかった。
posted by りふぁーる at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

2007年10月20日

菊花賞展望

たまには競馬のお話でも。
人気どころはロックドゥカンブ、アサクサキングス、ドリームジャーニーといったところだけど、正直どれも吹っ飛びそうな気がしてならない。
・ロックドゥカンブ:セントライト記念→菊花賞の連勝はかのシンボリルドルフまでさかのぼらないとない。メンバー、レース内容ともほめられたものではなく、完全に人気先行。
・アサクサキングス:やや前につけて流れ込み2着がパターンだが、淀の3000でそれができるか疑問。横典なら前々で競馬して2getもありだが、四位ではムリでしょ。
・ドリームジャーニー:トライアル勝ちはこれしかないと言う競馬。武がこういう競馬で持ってきたタイプは本番で連に絡んだことがない。1回しか脚を使えないタイプで阪神・中山には向くが京都の外回りではなし崩しに脚を使わされるかタメ殺しかでいいとこ3〜4着と見る。
で、ワタクシの印は以下の通り。
◎ デュオトーン:北海道で長距離→中央の条件戦パターン。デルタブルースに近い。
○ ホクトスルタン:2get。以上。
▲ フサイチホウオー:一応POだし。
△ ヴィクトリー:どう乗るかきわめて難しいが
まぁこんなところでしょうか。
個人的にはアンカツさんに何とかしてほしいところですがねぇ。
posted by りふぁーる at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

2007年09月06日

安田康彦、恐喝でタイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!

安田康彦(メイショウドトウで宝塚記念優勝)が酔っぱらってコンビニで恐喝して逮捕されたらしい。
http://www.nikkansports.com/race/p-rc-tp0-20070906-252112.html
コンビニで店員にいちゃもんを付けて、ビール他の代金4600円を払わなかった、て激しくせこいお話。 
 
ま、正直言って競馬業界はヤクザばっかりの世界だし、(某専門紙がモロそっち系だという噂があったりなかったり)騎手は中卒程度の学力しかない上に成長期にメシ喰えないもんでお脳がかわいそうなことになってるから、さもありなんというお話なんですけどねw 
昔の話ですが、某名騎手(現調教師)は自分の名前が漢字で書けない、とかいうはなしもありましたし。 
 
つか、安田康彦が引退してたなんて全然知りませんでしたw
 
もう一件競馬ネタ。
今年のクラシック有力候補だった(過去形かよ)アドマイヤオーラの弟(アドマイヤテンカ)がデビュー前に骨折して安楽死処分となったらしい。
http://www.nikkansports.com/race/f-rc-tp0-20070906-252252.html
1億2500万+諸費用込みで2億近いおカネがパーですぜ、旦那。
2chのPOG板は荒れまくりでしょうな…。
 
 
posted by りふぁーる at 23:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬