2011年02月15日

HP ML110G6にWindows server 2008foundationを導入するやり方(備忘録)

会社でFAXシステム用のサーバを立てることになったので、安くてRAID組める鯖、てことでHPのML110 G6という安鯖にWindows2008serverのFoundation版(小規模ネットワーク向けの安いOS)をバンドルしたのが29.8kで売ってたのでお買い上げ。
RAID用に500GB×2のSATAHDDを買って、組み付けて今日の午後からセットアップ開始。
インストールマニュアルすらないので大苦戦。とりあえずインストールに漕ぎ着けた(インストール開始した時点で放置)ので、セットアップのポイントをいくつか。(インストールのまとめがどこにもなかったので)

1)まずBIOSでRAIDを有効にする
標準でHDDが1台しか付いてない場合はオンボードのSATARAIDが有効になってません。
BIOSの「Hard Disk」の項目に入ってRAIDを有効にすること。
2)セットアップディスクでRAIDの設定をする
OSの入ったDVDとEasy Setup DiskとかいうCDの2枚が入ってますが、基本的にはセットアップディスクからすべて起動するようになってます。セットアップディスクは添付のものを使わずに、最新版のイメージをHPのサイトからダウンロードして、CD-Rに焼いて使うのをおすすめします。(理由は後述)
セットアップディスクを入れて起動するとGUIメニューが起動するので、そこでRAIDの構成(今回はRAID1:ミラーリング)を選んでアレイを構成します。
3)OSをインストールする
ここで今回は躓きました。セットアップディスクでインストールメニューを選んで、あとは適当に「次へ」を押せばインストール可能になってるのですが、添付のディスクを使うとセットアップ可能なOSに08foundationがありません。
ベテラン的にはRAIDのドライバさえ入れば何でもいいだろ、と思うところですがOSバージョンのチェックが入るのでダメ。それならばとOSディスク単独でいれようとするとエラーがでて終了。(普通にセットアップ不可なディスクらしい)
ダメもとでダウンロードして焼いたセットアップディスクを使ったら選択肢にfoundationが出てきて正常にインストール可能となりました。

…それにしてもOSバンドルで売っておきながら、付属のディスクでインスコできねぇってどんな罠だよorz
posted by りふぁーる at 22:37| Comment(1) | TrackBack(0) | PC

2008年02月12日

DELL、AMD切り捨てか?

DELLがweb直販でAMDの入ったPCを売らなくなるらしい。(ソース上田新聞
…つか、DELLでAthlonベースのPCを売ってたとは知らなんだw
K6の頃から結構AMDプラットフォームで組んできたけど、nForceとATiしかチップセットがなくなったから、もうAMDで組むことはねぇかな、と思ってたり。
nForce=速くて爆熱不安定、ATi=ドライバが糞で不安定だし、それなら「速くないけど低発熱でド安定」のintelでいいじゃん、と思ってしまうわけで。
Netburst末期の頃がチャンスだったんだけど、そこで低発熱路線に行けなかったのが致命傷でしたかね>AMD
posted by りふぁーる at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | PC